オフィスでのパーテーション活用|職場環境を最適化

社内風景

テナント出店時に行う工事

社内

ショッピングセンターや共同店舗等に展開している店舗というのは、テナントとして出店している店舗です。ショッピングセンターや共同店舗等にテナントとして出店する際には、A工事・B工事・C工事といった三つの区分の工事を行うことが可能です。それらの工事区分はそれぞれ仕様が異なり、出店する店舗の内装工事費も大きく変わります。三つの工事区分の内、A工事というのはビル本体の工事になります。工事費用を負担するのはビルのオーナーで、オーナーが施工する工事のことを指します。その工事によって備え付けられた共用施設や共用通路、設備等はオーナーに所有権があります。
B工事というのは、テナントがオーナーに要望を出すことで行ってもらうことのできる工事です。この時の工事費用はテナント側が負担し、その所有権はオーナーのものとなります。また、設計や施工に関してはテナントの要望に沿ってオーナー側の施工業者が行います。最後に、C工事についてです。C工事は、テナント側が施工する工事のことを指します。この工事を行うためには、オーナーの承認が必要となるでしょう。また、その工事の施工を行うのはテナント側の施工業者になります。これら三つの工事区分の内、テナントとして出店する際に大きく関わる工事は、B工事とC工事になります。特に、B工事に関してはテナント側が工事費を負担するのに対して所有権がオーナーのものとなりますので、しっかりと確認した上で施工することをお勧めします。