オフィスでのパーテーション活用|職場環境を最適化

男性と女性

事務用チェアーやデスク

社内の男女

オフィスで仕事をする際には、事務チェアーや事務デスクといったオフィス家具は必須でしょう。それらを新規購入する際には、より良いものを選ぶ必要があります。その選び方のポイントについて知りましょう。

More...

テナント出店時に行う工事

社内

テナントとして店舗を出店する際には、B工事とC工事と呼ばれる工事区分の中から一つを選択し工事を行うことが可能です。その内、B工事はテナント側が費用を負担し、所有権はオーナーのものとなるので注意しましょう。

More...

半個室的オフィス

笑顔の婦人

オフィスというのは、企業の従業員が業務に従事する場所です。そのため、オフィスの環境は従業員が働き易い職場環境である必要があるのです。もし、従業員が不満を抱いてしまうような職場環境であった場合、業務効率の低下に繋がるでしょう。それは、企業にとっても従業員にとってもマイナスなことです。従業員満足度と業務効率を高め、企業にも従業員にもメリットとなる職場環境について考える必要があります。
日本国内にある企業のオフィスというのは、オープンプランと呼ばれるレイアウトのオフィスが多いと言われています。オープンプランというのは、一つの部屋をパーテーションやキャビネットで区切るレイアウトです。このレイアウトは非常に開放的で、従業員同士のコミュニケーションを促進することを目的としています。しかし、このオープンプランと呼ばれるレイアウトは、従業員の不満レベルが最大化されるレイアウトなのです。これは、シドニー大学で行われた実験の研究結果で、環境心理学ジャーナルにて公表されています。オープンプランによって従業員が抱く不満というのは、騒音や雑音、視覚的プライバシー、室内温度など様々です。それらの不満というのは、どれも業務効率を低下させるものです。従業員の不満点から考えると、従業員にとって働き易い環境というのは開放的な環境ではなく、半閉鎖的な環境であると考えられるでしょう。つまり、パーテーション等で各従業員のデスクを囲い、半個室にすることが最適な職場環境だと言えます。コミュニケーション性は低下しますが、パーテーションを利用した半個室という職場環境であれば従業員満足度及び業務効率を向上させることができるでしょう。

癒しのある職場環境

オフィス

職場というのは、業務の忙しさやノルマなどで張り詰めたような雰囲気になってしまいます。それでは、従業員満足度は低下してしまうでしょう。オフィスデザインを癒し効果のあるものにすることで、より良い職場環境を実現することが可能です。

More...